私の健康管理法で身体にも変化が・・・

私の健康管理法は、食事と体の温めにコツがあります。食事を見直したことと、体を温める大切さを実感した体験でした。

私の健康管理法の一つ目の体験は、食事の改善です。これは、私の健康管理法としても大きなポイントとなっています。

昔から、チョコレートや砂糖をたっぷりと使った甘い食べ物が、クレイジーなほどに好きでした。食事はアイスクリームや菓子パン、飲むものといえば、砂糖がたっぷり入ったカフェオレや、甘い炭酸飲料です。炭水化物も大好きで、お米は塩でもパクパク食べますし、菓子パンは毎日の日課のように、2個から3個は食べていました。

こんなですから、体が悲鳴を上げるのも無理はありません。
専門家などの書籍を読み込んで、チョコレートも白い砂糖も、菓子パンも一切やめました。新鮮な旬の野菜や、良質のたんぱく質、魚や海藻類、ごまやココナッツオイルなど、今までとは全く違う食生活にしたのです。その結果、疲労感をあまり感じることも少なくなりました。また、栄養バランスが良くなったせいか、無駄に食べなくなり、健康的に痩せていくという体験もしました。

体を温めることも、同時に行ったので、代謝も上がったようです。特に足を冷やさないようにするのがポイントです。ですから、夏でも足元には靴下ですし、時には足にも開度を貼って温めます。これが意外に心地よくて、血液循環の巡りも良くしてくれているように感じます。

体調が良くなった上に、心も前向きになるという体験をしました。