私の健康管理法:温冷法や日光浴

私の健康管理法は、温冷法や日光浴による健康管理です。

私がこの健康管理法を始めたのは、疲れにより体調を崩したことがきっかけです。

 

派遣の仕事をしていたのですが、色々な職場に派遣されるようになり、体の疲れだけでなく、精神的にも疲れてしまい、働けない状態になってしまいました。数ヶ月もすると、体の疲れはなくなったのですが、何事にもやる気をなくしてしまいました。

そんな時にネットで見つけたのが、温冷法や日光浴による健康管理で、この健康管理を体験してからは、私の健康管理法として欠かせないものになりました。

温冷法とは、お風呂に入った時に、温かいシャワーを浴びた後に冷たいシャワーを浴びるという簡単な健康法です。この健康法を体験して2ヶ月も経過すると、徐々にやる気がでてきていることに気づきました。

日光浴は、朝早く起きて朝日に浴びる方法で、この方法では、セロトニンを分泌させる効果が期待できるそうです。セロトニンは、メラトニンの生成にも影響するようで、メラトニンは睡眠には欠かせないホルモンです。そのため、日光浴を始めてからは、寝付きが悪かった私が、朝までぐっすりと眠れるようになりました。

これらの健康法を体験してからは、働き始めても疲れにくく、何事にも積極性がでるようになりとても良い健康法だと感じています。

この私の健康管理法は、私と同じように仕事が忙しく精神的にも疲れている方に自信を持ってお勧めできる方法なので、もし悩んでいる方は、一度試されてみてはいかがでしょうか。

健康管理としては、上記のような方法がおすすめですが、一方で、不足する栄養素などを健康食品などから摂取するという方法もあります。現在では、健康食品として、ローヤルゼリーやプロポリスに代表されるものもネット上で簡単に購入することができます。特に、プロポリスは、抗菌作用や抗酸化作用などが強く、医療現場でも使用されるくらいです。

今では、水素水を飲むという健康管理法も徐々に浸透してきています。
スポーツジムなどに行くと、水素水が置いてあって自由に飲むことが出来ます。スポーツの後の疲労回復にこの水素水が飲まれているようですね。