私の健康管理法:食生活の改善

私の健康管理法は、食事にあります。
よくありがちな、ありふれたことかもしれませんが、本当に、食は健康にも心にも大きな影響をア立てているということを身をもって体験をしています。単に痩せたいから食事に気を使うのではなく、健康という視点で、食事を大切にしています。

私の健康管理法では、主食という概念がありません。また、カロリー計算ということもしません。私の健康管理法で大切にしているのは、栄養バランスです。

食事を変えたことで、随分と体が軽くなる体験をしました。
今までであれば、食べないダイエットをしては、リバウンドしてしまうことの繰り返しでした。カロリー計算をして、ダイエットが終わったら、その反動でドカ食いをして、リバウンドをしていたのです。しかも、ダイエット中に我慢していたスイーツや炭水化物も、過剰に食べ過ぎていました。そんなですから、体はいつも重かったです。

しかし今では、そんな心配もなくなりました。栄養を重視した食事に切り替えてから、過剰に食べ過ぎるということが無くなった体験をしました。

白いご飯やパン類はやめました。白い砂糖や、インスタント食品、スナック菓子もやめました。あんなに食べたかったのに、今では食べたいと思わなくなったのです。

主食という概念がなくなり、今日は肉にしようか、魚にしようかと考えます。良質なタンパク質は、毎日摂取しています。野菜もたっぷり食べますし、発酵食品やミネラル分たっぷりの海藻類も食べます。ときどきフルーツもいただきます。ドリンクは、水をたっぷり飲んでいます。温かい白湯を飲みます。甘いドリンクや炭酸飲料などは飲まなくなりました。コンディションは、とても良いです。