私の健康管理法:睡眠を充分に取ること

毎日の健康を意識する場合には、翌日に疲れを残さないための睡眠が、もっとも重要です。

私たちは、人生の3分の1の時間を睡眠に費やしています。
毎日の睡眠は、体や心を修復する役割を担っていて、心身のメンテナンスを完了することで目覚めがよくなり、ハツラツとした活動出来ます。

ここからは、私の健康管理法を体験談を交えてご紹介します。私の健康管理法の体験を、あなたの健康管理に役立てて頂ければ幸いです。

まず睡眠には、深い眠りのノンレム睡眠と浅い眠りのレム睡眠があります。
入眠後、およそ3時間の深い眠りが体には良いです。そして寝る前に軽いストレッチが、お勧めです。なぜなら、運動によって上がった体温が、汗によって一気に下げられて、入眠がとてもスムーズになるからです。それと、寝る前の入浴も同じように効果的で、ぬるま湯に10分から20分ぐらいの入浴がよいでしょう。寝る前の間食は、あまりお勧め出来ません。

それから先程、ストレッチ話しをしましたが、ストレッチの方法を述べたいと思います。

この方法は、首と肩周り中心にほぐすのがお勧めです。そのストレッチをすることで、血液の流れが活発になります。そうすることによって、深い眠りにつくようになりやすいのです。さらに、このストレッチをすることによって、同時に、疲労回復効果もあります。まさに一石二鳥ですね。

ここまで睡眠について述べましたが、私の健康管理法の体験談が、あなたの健康維持・管理のお役に立てていただけるのであれば、とても嬉しく思います。