私の健康管理法:温冷法や日光浴

私の健康管理法は、温冷法や日光浴による健康管理です。

私がこの健康管理法を始めたのは、疲れにより体調を崩したことがきっかけです。

派遣の仕事をしていたのですが、色々な職場に派遣されるようになり、体の疲れだけでなく、精神的にも疲れてしまい、働けない状態になってしまいました。数ヶ月もすると、体の疲れはなくなったのですが、何事にもやる気をなくしてしまいました。

そんな時にネットで見つけたのが、温冷法や日光浴による健康管理で、この健康管理を体験してからは、私の健康管理法として欠かせないものになりました。

温冷法とは、お風呂に入った時に、温かいシャワーを浴びた後に冷たいシャワーを浴びるという簡単な健康法です。この健康法を体験して2ヶ月も経過すると、徐々にやる気がでてきていることに気づきました。

日光浴は、朝早く起きて朝日に浴びる方法で、この方法では、セロトニンを分泌させる効果が期待できるそうです。セロトニンは、メラトニンの生成にも影響するようで、メラトニンは睡眠には欠かせないホルモンです。そのため、日光浴を始めてからは、寝付きが悪かった私が、朝までぐっすりと眠れるようになりました。

これらの健康法を体験してからは、働き始めても疲れにくく、何事にも積極性がでるようになりとても良い健康法だと感じています。

この私の健康管理法は、私と同じように仕事が忙しく精神的にも疲れている方に自信を持ってお勧めできる方法なので、もし悩んでいる方は、一度試されてみてはいかがでしょうか。

DHAEPAサプリメントのおすすめ

 

 

私の健康管理法:食生活の改善

私の健康管理法は、食事にあります。
よくありがちな、ありふれたことかもしれませんが、本当に、食は健康にも心にも大きな影響をア立てているということを身をもって体験をしています。単に痩せたいから食事に気を使うのではなく、健康という視点で、食事を大切にしています。

私の健康管理法では、主食という概念がありません。また、カロリー計算ということもしません。私の健康管理法で大切にしているのは、栄養バランスです。

食事を変えたことで、随分と体が軽くなる体験をしました。
今までであれば、食べないダイエットをしては、リバウンドしてしまうことの繰り返しでした。カロリー計算をして、ダイエットが終わったら、その反動でドカ食いをして、リバウンドをしていたのです。しかも、ダイエット中に我慢していたスイーツや炭水化物も、過剰に食べ過ぎていました。そんなですから、体はいつも重かったです。

しかし今では、そんな心配もなくなりました。栄養を重視した食事に切り替えてから、過剰に食べ過ぎるということが無くなった体験をしました。

白いご飯やパン類はやめました。白い砂糖や、インスタント食品、スナック菓子もやめました。あんなに食べたかったのに、今では食べたいと思わなくなったのです。

主食という概念がなくなり、今日は肉にしようか、魚にしようかと考えます。良質なタンパク質は、毎日摂取しています。野菜もたっぷり食べますし、発酵食品やミネラル分たっぷりの海藻類も食べます。ときどきフルーツもいただきます。ドリンクは、水をたっぷり飲んでいます。温かい白湯を飲みます。甘いドリンクや炭酸飲料などは飲まなくなりました。コンディションは、とても良いです。

 

私の健康管理法:睡眠を充分に取ること

毎日の健康を意識する場合には、翌日に疲れを残さないための睡眠が、もっとも重要です。

私たちは、人生の3分の1の時間を睡眠に費やしています。
毎日の睡眠は、体や心を修復する役割を担っていて、心身のメンテナンスを完了することで目覚めがよくなり、ハツラツとした活動出来ます。

ここからは、私の健康管理法を体験談を交えてご紹介します。私の健康管理法の体験を、あなたの健康管理に役立てて頂ければ幸いです。

まず睡眠には、深い眠りのノンレム睡眠と浅い眠りのレム睡眠があります。
入眠後、およそ3時間の深い眠りが体には良いです。そして寝る前に軽いストレッチが、お勧めです。なぜなら、運動によって上がった体温が、汗によって一気に下げられて、入眠がとてもスムーズになるからです。それと、寝る前の入浴も同じように効果的で、ぬるま湯に10分から20分ぐらいの入浴がよいでしょう。寝る前の間食は、あまりお勧め出来ません。

それから先程、ストレッチ話しをしましたが、ストレッチの方法を述べたいと思います。

この方法は、首と肩周り中心にほぐすのがお勧めです。そのストレッチをすることで、血液の流れが活発になります。そうすることによって、深い眠りにつくようになりやすいのです。さらに、このストレッチをすることによって、同時に、疲労回復効果もあります。まさに一石二鳥ですね。

ここまで睡眠について述べましたが、私の健康管理法の体験談が、あなたの健康維持・管理のお役に立てていただけるのであれば、とても嬉しく思います。

 

私の健康管理法:身体を温めると共に、消化器官を休ませる!

私の健康管理法は、温めるという方法です。冷えを取るように心がけることで、体のコンディションの良さを感じることができています。私の健康管理法である「冷え取り」、つまり「体を温める」というのは、意外と簡単であるのと同時に効果の方も大きいのではなかと、自分の体験を通して感じています。

 

体の中には、たくさんの毒が溜まってしまいますが、本来なら、それらは血液循環の良さでスムーズに流れて、自然に外へと排出されていきます。でも、体に冷えがあって血液の循環があまり良くないと、スムーズには排泄されないことになります。

私の健康管理法では、とにかく「冷え取り」をして体を温めていくことにあります。体が温まって、血行が良くなってからは、体調がかなり良くなったという体験をしています。

また、毒出しを効率的にするために、時には消化器官を休ませてあげるのも大切です。
消化器官をお休みさせるというのは、空腹の日をつくるということです。全く食べないわけではないですが、控えめな食事にします。そうすると、おどろく程に体内に溜まった不要なものが、積極的に外へとスムーズに出て行ってくれます。これにも驚きました。

体を温めることにそれほど関心がなかった頃は、便秘が当たり前でした。でも温めるようになってからは、便秘も改善したので、毎日スッキリとしています。体も軽くなって、少し体重も減りました。

体が冷えていると、食事も食べ過ぎてしまうのだといいます。今では、食べ過ぎることもなく、体の調子もとても良い毎日を過ごしています。

 

私の健康管理法を体験されてみては如何?

私の健康管理法の基本は食事、運動、休養をしっかりとることです。

食事は、エネルギーの過剰摂取に注意しながら、バランスの摂れた食事を意識しています。
具体的には、漬物や味噌汁を飲まないで塩分摂取を少なくするようにし、肉は牛肉や豚肉よりも鶏肉などのヘルシーなものを選び、納豆や豆腐などの大豆製品を活用します。緑の野菜が少ないと感じた時には、青汁を飲みます。

青汁は、水素と酵素が入っているものを飲んでいます。幾つか青汁は体験してみましたが、抹茶味の青汁が美味しいと思うので、冬はホットミルクに溶かして飲むのをおすすめします。

主食の米は、玄米か五穀米などを加えて炊きます。また、毎日食塩不使用で素焼きのナッツを食べています。おやつにはチョコレートを食べますが、カカオの高いものを選んでいます。また、足りない栄養素も考え、EPAなどのサプリメントも摂っています。

私の健康管理法の運動の部分では、休みの日にウォーキングをしたり、部屋の中でインナーマッスルを鍛えたりつま先立ちをするなど、筋肉を動かすことを意識しています。

睡眠については、夜10時に寝て朝5時に起きるようにしています。
寝る前のスマホの使用も控えて、ぐっすり眠れるようにしています。また、夜のご飯は少なめにして、お腹が空いた状態で目覚めることで、朝ごはんをしっかり食べています。

私は、自分の健康管理法を通して、体に良い変化を私自身感じています。これを見た人も体験して良い結果が出てくれると嬉しいです。

 

私の健康管理法で身体にも変化が・・・

私の健康管理法は、食事と体の温めにコツがあります。食事を見直したことと、体を温める大切さを実感した体験でした。

私の健康管理法の一つ目の体験は、食事の改善です。これは、私の健康管理法としても大きなポイントとなっています。

昔から、チョコレートや砂糖をたっぷりと使った甘い食べ物が、クレイジーなほどに好きでした。食事はアイスクリームや菓子パン、飲むものといえば、砂糖がたっぷり入ったカフェオレや、甘い炭酸飲料です。炭水化物も大好きで、お米は塩でもパクパク食べますし、菓子パンは毎日の日課のように、2個から3個は食べていました。

こんなですから、体が悲鳴を上げるのも無理はありません。
専門家などの書籍を読み込んで、チョコレートも白い砂糖も、菓子パンも一切やめました。新鮮な旬の野菜や、良質のたんぱく質、魚や海藻類、ごまやココナッツオイルなど、今までとは全く違う食生活にしたのです。その結果、疲労感をあまり感じることも少なくなりました。また、栄養バランスが良くなったせいか、無駄に食べなくなり、健康的に痩せていくという体験もしました。

体を温めることも、同時に行ったので、代謝も上がったようです。特に足を冷やさないようにするのがポイントです。ですから、夏でも足元には靴下ですし、時には足にも開度を貼って温めます。これが意外に心地よくて、血液循環の巡りも良くしてくれているように感じます。

体調が良くなった上に、心も前向きになるという体験をしました。